料金一覧
施術一覧
ドクター紹介
院長ブログ
スタッフブログ
FAQ
クリニックへのアクセス
来院時のお願い

ADVICE
ADVICE
老化(加齢)
しわやたるみと同様、しみやくすみも皮膚代謝や組織の機能低下が原因。加齢によって基底層の機能が低下すると、ターンオーバーが遅れやすくなります。不要な(古い)角質も肌表面からはがれにくくなり、色素沈着やくすみ、毛穴のつまりなどが定着。老化が進むと代謝そのものが悪くなるので、トラブルがあっても回復しにくい肌質になるのです。
紫外線
しみは、メラニンが表皮の一部に過剰に溜まった状態のことをいいます。そして、このメラニンが増殖するきっかけや誘因となる代表格が紫外線です。紫外線を浴びると、その影響から肌を守ろうとしてメラニン生産細胞であるメラノサイトが活発化し、メラニンを大量に放出。そのため日焼けなどの症状が起こるのです。しかし、皮膚細胞の再生や代謝がスムーズに行われていれば、やがては角質層からアカとして剥がれ落ちるか真皮内の血管に取り込まれて除去されるため、特にトラブルは残りません。とはいえ、長期間に渡って紫外線を浴び続けると、増加したメラニンが正常に代謝されず、表皮内に留まることになります。その結果が、しみやソバカス、くすみというわけです。
体内外のケア不足

加齢のほかに洗顔や水分補給等、毎日のスキンケアも皮膚細胞の代謝やターンオーバーのサイクルを左右します。メイクをしたままベッドに入るのは、もちろんタブー。半身浴などで、なるべくその日の疲れはその日のうちにとるように心がけ、毛穴の汚れをさっぱりと流すのがポイントです。また、血行をよくすることは、同時にくすみの改善をも促します。体内のケアとしては、日々の食事に血の巡りを改善し酸化をふせぐビタミンEや、同じく抗酸化物質のビタミンCおよびΒ−カロチン、皮膚細胞の代謝を高める鉄分などを積極的に摂り入れることで肌力がアップ!特にビタミンCには、黒色メラニンを無職の還元型メラニンへと変化させ、しみやくすみを目立たなくする作用があるので意識して摂取することが美白の基本です。

目尻、こめかみから髪の生え際にかけて、口角から唇のしたにかけて、そして頬骨の高いところは特にしみ・くすみできやすい部分です。UVケアは念入りに。

PAGE TOP