料金一覧
施術一覧
ドクター紹介
院長ブログ
スタッフブログ
FAQ
クリニックへのアクセス
来院時のお願い

ADVICE

美容用語辞典 どんどん充実させていく予定です。リクエストも受付中!お気軽にお問い合わせください。


た
【ターンオーバー】-ターンオーバー
肌の新陳代謝のこと。表皮は層の下から基底層、有棘層、顆粒層、角質層の4層に分かれており、表皮の健康を維持するために核のある細胞を常に作り出しているのが基底層。生まれた細胞は少しずつ上の層に向けて上昇し、約14日間かけて角質層に到達。角質層に達した頃には核を持たない(死んだ)細胞=角質細胞へと変化しているが、ここで外部の刺激から皮膚表面を守るという役割りを担い、約14日間でアカとなり剥がれ落ちる。このように、ターンオーバーの働きが正常な肌は、約28日周期で新しく生まれ変わる。メカニズムは早すぎても遅すぎてもトラブルを招く。強い紫外線を集中的に浴びるなどしてターンオーバーが急激に促進されると、細胞は未成熟なまま角質層に到達。また、加齢によって代謝が低下すると、不要な角質が剥がれにくくなり、くすみや毛穴のつまりを促すことになる。集中ケア等を利用して、リズムを調整する機会を設けることも若々しさを保つポイントだ。

【ダイオードレーザー】-ダイオードレーザー
メラニンに反応する波長800nm(可変)の医療用レーザーのひとつで、医療脱毛に使用される。また、ダイオードレーザーなどのレーザー光を利用して毛乳頭および皮脂腺開口部等を破壊するという脱毛行為は医行為であるため、医師免許を有するものが行わなければならない(医師法第17条/日医発第488号、法25)。

【対極板】-タイキョクバン
単極の電気メス(モノポーラ/ユニポーラ)を用いる場合などに人体に装着する、対極の役割を果たす板のこと。電流はプラス極(+)とマイナス極(-)のふたつがあって、はじめて電気として機能する。単極の電気メスの場合、もうひとつの極として作用するのがこの対極板だ。つまり、電気メスのメス先(アクティブ電極)から流れる電流は、対極板を通してメス先にもどることで電気メスとしての働きが生まれている。それぞれがプラスとマイナスの役割を担っているというしくみである。

【ダウンタイム】-ダウンタイム
ダウンタイムとは、施術や手術を受けた際、その治療による腫れや痛みにより、一般的な日常生活を制限せざるを得ない期間のこと。あるいは、手術してから通常の生 活に戻るまでの期間を表す。逆に施術後の回復が早く、特別なケアが不要な場合をノーダウンタイムという。

【多汗症】-タカンショウ
脇や掌、足の裏などに多くの汗をかく疾患のこと。発汗には、気温や環境に応じて体温をコントロールするために機能する温熱性発汗と、精神的な状況に影響を受ける精神性発汗の2つの種類があるが、多汗症を引き起こす要因は後者である。交感神経の中枢過敏によって発汗が促されるケースが多い。治療法としては、本各治療のオペやプチ治療のA型ボツリヌストキシン(ボトックス)注射法などがある。
A型ボツリヌストキシン(ボトックス)

【多血小板血漿(PRP)】-たけっしょうばんけっしょう(ピーアールピー)
血液中の血小板を濃縮させた血漿のことをいう。PRPは、Platelet Rich Plasmaの略称。再生医療にひとつとして注目される新しい技術であり、美容医療では自分の血液を利用して行なう「多血小板血漿(PRP)注入治療」などに導入されている。失われた組織や器官の再建を行なう再建外科の中でも「自分の生きた細胞から失った組織を再生させる」という組織工学に基づいたこの方式は、副作用などの問題がない安定した治療として、歯周組織再生法(インプラント治療)をはじめさまざまな分野で研究と応用がすすめられている。

【炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)】-タンサンガスレーザー(シーオーツーレーザー)
気体を媒体として活用したガスレーザーのひとつで、文字通り炭酸ガスを媒介手段としている。10,600nmの波長を有し、水分に対して高い吸収度を持つ。生体の65%は水分であり、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)は、高湿で組織を蒸散させることが可能。ホクロやイボなどの皮膚腫瘍切除やレーザー・リサーフェシング、また、クレーターと呼ばれるニキビの凹み跡にも有効とされる。さらに、レーザーに反応した治療部位は、傷の修復に向けた細胞の活性化により肌の再生が促され、後に肌質自体も改善されるという相乗効果も併せ持つ。

【弾性線維】-ダンセイセンイ
主成分は、エラスチン。文字通り、ゴムのように伸びたり元にもどったりする性質がある。膠原線維の間を縫うように存在し、肌の弾力を支えている。しかし、加齢等により本来の働きが弱くなると皮膚に顕著に反映されて、しわやたるみが出やすくなる。
エラスチン 膠原線維

ち
【遅延型アレルギー反応】-チエンガタアレルギーハンノウ
即時型アレルギー反応とは異なり、抗体が関与せず感作リンパ球の媒介等によりかぶれや虫さされによるかゆみなどの症状が現れる。1日目よりも2日目(48時間後)の反応が強いのが遅延型の特徴。遅延型アレルギー反応の皮膚検査(パッチテスト)の判定は、反応がピークとなる2日後に行われる。個人差により稀に、3日後、4日後にピークが現れる場合もあるので、観察と経過に準じた通院が必要。
即時型アレルギー反応 パッチテスト

【中周波】-チュウシュウハ
波動や振動電流の周波数が低周波高周波の中間に位置する電流のこと。周波数単位の目安は、1KHz〜1MHz。

【ちりめん皺】-チリメンジワ
ちりめん(縮緬)とは、布表面が波上に凸凹している絹織物のこと。このように、ちりめん状となってアイゾーンなどに出現するこじわをちりめん皺という。加齢や紫外線等の影響による細胞活性の低下と水分不足が主な原因。解消には、Nライトレーザーやポラリス、ケミカルピーリングやトレチノイン療法等が有効とされる。
ケミカルピーリング トレチノイン

つ
て
【DMAE】-ディーエムエイイー
DMAEとはジメチルアミノエタノール(Dimethyl-amino-ethanol)という、人間 の脳の中で作られる抗酸化物質のこと。その他、食品では魚に多く含まれる。脳の中枢神経を活発にすることから、アメリカでは記憶力や行動力を高める若返りサプリメントとしても人気が高い。また、DMAEには、肌組織の細胞膜を安定化するこ とにより、紫外線やストレスなどのダメージから守り、ターンオーバーを正常にする働きがある。さらに、表皮や真皮の健康だけではなく、弱った神経機能を刺激して筋肉の神経伝達バランスをも回復。たるみの改善と引き締めを促す作用がある。

【低周波】-テイシュウハ
波動や振動電流の周波数が低いこと。明確な定義はないが、目安としては100Hz以下の周波が低周波に大別される。

【デトックス】-デトックス
英語で「Detox」とは、解毒のこと。文字通り、カラダに蓄積した有害物質を取り除く治療法および健康法の総称を「デトックス」という。

と
【ドクターズコスメ】-ドクターズコスメ
専門医が開発したコスメティック、すなわち化粧品のこと。医学の理論に基づいた高い安全性と有効性が特徴。 本来は、皮膚科医がクリニックで患者に処方する化粧品の総称だったが、近年のブームが影響し、皮膚科専門医が開発に携わったり、あるいは推奨する化粧品なども同 様にドクターズコスメと呼ばれるようになった。ドラッグストアはじめ通信販売等でも容易に購入できる。

【特定保健用食品】-トクテイホケンヨウショクヒン
通称、トクホ。カラダの生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含み、厚生労働大臣の許可および承認を得た食品のこと。血圧や血中のコレステロールなどを正常に保つことを助ける、あるいはお腹の調子を整えるのをサポートするといった、特定の保健の用途に資する旨が表示されたものをいう(許可制・健康増進法第26条)。さらに、トクホには「個別許可型」と「規格基準型」そして「条件付き特定保健用食品」の3種に分類される。「個別許可型」とは、関与成分の疾病リスク低減効果が医学的・栄養学的に確立された食品であり、この場合に限り「厚生労働省許可・特定機能食品」の認可マークに加えて「疾病リスク低減」表示が認められている。「規格基準型」とは、トクホとしての許可実績などに基づき科学的根拠が蓄積されている食品のこと。許可マークは、「厚生労働省許可・特定機能食品」。一方、「条件付き特定機能食品」は、有効性の科学的根拠のレベルにとどかないものの一定の有効性が確認された食品のことを表し、前述の許可マークの中央に「条件付き」表示が加えられている(厚生労働省:特定保健用食品)。

【トリートメント】-トリートメント
Treatment。治療(薬、法)、処置、手入れ、取り扱いのこと。フェイシャル・トリートメント(顔の手入れ)、スキン・トリートメント(肌の手入れ)、ヘア・トリートメント(頭皮・頭髪の手入れ)、ボディ・トリートメント(カラダの手入れ)、アンチエイジング・トリートメント(若返り治療)等、美容用語として多彩に用いられる。

【トレチノイン】-トレチノイン
オールトランスレチノイン酸(all-trans retinoic acid)の別称で、レチノール(必須ビタミン・ビタミンA)誘導体のこと。その生理活性は、ビタミンAの約50〜100倍であり、数値はビタミンA類の体内における生理活性本体そのものに値する。トレチノインは「しわ・にきびの治療医薬品」として、米国FDA(U.S. Food and Drug Administration) の認可を取得。治療結果の定評と同時に安全性・信頼性の高さを誇る。また、もともとトレチノインは人間の血液中に微量に流れている物質なので、抗原抗体反応やアレルギー反応を起こすことはないとされる。

PAGE TOP