料金一覧
施術一覧
ドクター紹介
院長ブログ
スタッフブログ
FAQ
クリニックへのアクセス
来院時のお願い

ADVICE
ADVICE
紫外線には、長波長紫外線のUV-A、中波長紫外線のUV-B、短波長紫外線のUV-Cというように、波長によって大別される3つの種類があります。UVとは、Ultracioletの略で紫外線のこと。このうち、UV-Cはオゾン層に吸収されるため、地表にはとどきませんが、オゾン層の破壊によるカラダへの悪影響が懸念されています。さて、肌にダイレクトな影響力を及ぼすのがUV-AとUV-Bの存在です。Uv-Aは、その波長の長さで肌の真皮層まで直撃し、メラニンの増加を促進。色が黒くなるタイプの日焼け(サンタン)を引き起こすだけではなく、肌の弾力を保つ弾性繊維等を攻撃し、しわやたるみ、肌の老化を促します。一方、UV-Bは一部オゾン層に吸収され、一部地表に届くタイプの中波長。UV-Aより波長が短い分、逆に肌への攻撃力が強いことが特徴です。日焼けで肌がほてったり赤くなったりする一種のやけど状態(サンバーン)を引き起こす元となるのが、このUV-B。日頃の紫外線ブロックは、ABともにしっかり行うことが肝心です。
UVケアのPA値とSPF値
PA値はUV-Aの防御効果を、そしてSPF値はUV-Bの防御効果を示し、それらの数値の高さと防止効果は比例します。よって数値が高いほど防止効果に優れるというわけですが、日常生活においては「PA+」&「SPF10」程度が最適。アウトドアでは「PA++」&「SPF20」以上が適切なケアの目安とされています。

PAGE TOP