料金一覧
施術一覧
ドクター紹介
院長ブログ
スタッフブログ
FAQ
クリニックへのアクセス
来院時のお願い


クロスクリニック紹介記事
おなかや二の腕など気になるパーツをダイレクトに集中ダイエット

脂肪溶解注射(メソセラピー)

脂肪溶解注射(メソセラピー)とは

脂肪溶解注射は脂肪燃焼効果のある薬剤を痩せたい部分へダイレクトに注射する部分痩せ治療のこと。薬剤の主成分であるPhosphatidylchline(フォスフォダイタルコリン)は大豆由来の成分で脂質の新陳代謝時に働く優れた脂肪燃焼物質です。おなかや二の腕、太ももなど自己流ダイエットではなかなか落ちにくいパーツを集中的に部分痩せさせます。

<メソセラピーとは>
メソセラピーは、1952年にフランスの医師、Dr. Michel Pistorにより開発された注入技術のことです。1987年にはフランス医療学会がメソセラピーを伝統的医学に付随する治療法とみなし、大学医学部に導入を行いました。現在、メソセラピーは学位として授与されています。メソとはメゾダームすなわち中胚葉をあらわし、セラピーは治療という意味。薬剤をピンポイントで皮下に注入していくことで血流やリンパの流れ、免疫システムを向上させ、蓄積された脂肪を溶解。繊維および結合組織を除去し、滞っている生理機能をスムーズに改善させるのです。脂肪溶解注射はメソセラピーの中でも部分痩せに特化した手技と言えます。
PAGE TOP

脂肪溶解注射の特徴

全身的なダイエットではなく「ここが痩せたい」という部分痩せの希望に対応できることが脂肪溶解注射、最大の特徴であり人気の理由です。また医療機関で受けられる治療の中でも脂肪溶解注射は体への負担や副作用が大変少ない安全な施術であることも世界的に注目されている点のひとつと言えるでしょう。
PAGE TOP

クロス式脂肪溶解注射とは

クロスクリニックでは脂肪溶解注射に大豆由来の成分Phosphatidylchline(フォスフォダイタルコリン)を使用しています。またクロス式脂肪溶解注射の特徴は(1)最大限の効果を出すためそのPhosphatidylchline(フォスフォダイタルコリン)を薄めることなく原液のまま注射しています(2)特注の極細針を採用し痛みの軽減と腫れない施術を提供しています。さらに分解された脂肪を体外へ排出するLカルニチンのオプションもご用意しています。
PAGE TOP

脂肪溶解注射の効果と適応

お腹(下腹部)、二の腕、お尻、太もも、内もも、腰回りなど
PAGE TOP

脂肪溶解注射はこんな方におすすめ

■ 全体的に太っているわけではないけど最近ぽっこりおなかが気になる方
■ 運動や食事制限など全身的なダイエットでは痩せたい部分の脂肪だけを選んで落とすことができないとお悩みの方
■ 自己流ダイエットではバストのボリュームは落ちてもおなかのお肉が落ちないとお悩みの方
■体重のコントロールはできているので、「下腹部」「二の腕」などピンポイントで痩せたい方
PAGE TOP

脂肪溶解注射症例

自己流ダイエットでは痩せたい下腹部が減らずに困っていたが、脂肪溶解注射でポコッと出ていた下腹部が平らになった
PAGE TOP

脂肪溶解注射治療の流れ

PAGE TOP

脂肪溶解注射の禁忌

・ 大豆アレルギーの方
・ 妊娠、授乳中の方
・ 麻酔(リドカイン)アレルギーの方
・ 基礎疾患(腎臓疾患、糖尿病、肝臓病、循環器疾患、甲状腺疾患)がある方
その他、気になることがありましたら治療前のドクターカウンセリングで医師にお尋ねください。
PAGE TOP

脂肪溶解注射よくある質問

脂肪溶解注射ってなんですか?
近年注目されている低侵襲の部分痩せ治療のこと。大豆由来の成分から抽出された脂肪燃焼物質を痩せたい部分に注射します。自己流ダイエットではなかなか難しいポイントを絞った部分痩せが可能です
脂肪溶解注射で人気の部位はどこですか?
脂肪溶解注射で治療を希望されるのはおなかや二の腕、太ももなどです。
脂肪溶解注射は痛いですか?
痛みの感じ方に個人差がありますが、できるだけ痛みを軽減するため当院では特注の極細針を使用しています。また、脂肪溶解注射には脂肪燃焼薬剤だけでなく麻酔薬(リドカイン)を混合することで注入時の痛みを抑える工夫をしています。
脂肪溶解注射を受けた後の注意点を教えてください
脂肪溶解注射治療当日のシャワーは可能ですが、サウナや入浴、飲酒、激しい運動は体を温めることになり腫れなどの副作用を引き起こす恐れがあるので避けてください。その他は普段通りの生活を送っていただいて問題ありません
脂肪溶解注射は何回くらいの治療が必要ですか?
状態や希望にもよりますが、平均2週間ごとに3〜5回の治療を繰り返すと脂肪溶解注射の効果が実感いただけるケースが多いです
脂肪溶解注射の治療間隔はどのくらいですか?
同一部位なら2週間に1回の治療間隔、違う部位なら前回の治療から1週間明ければ治療が受けられます
脂肪溶解注射の効果をよりアップさせるためにできることはありますか?
治療後、脂肪溶解注射を打った部分をマッサージしたり、テノールやスマスアップなど代謝を促進させるマシンを併用するとより効果が高まります。また食事や運動など生活習慣も見直しましょう
男性でも治療を受けられますか?
申し訳ありません。当院では男性の方への脂肪溶解注射を実施しておりません
脂肪溶解注射の治療時間はどのくらいですか?
脂肪溶解注射の治療は1本あたり10分程度と短時間で終了します
脂肪溶解注射に副作用はありますか?
ほとんどありません。ただ、治療部位や体質により若干のかゆみや痛み、腫れ、赤み、熱感などの違和感が出る方もいますがしばらくすると治まりますのでご安心ください。また内出血が出てしまうと治るまでに1週間前後の日数を要します
脂肪溶解注射1本で治療できる範囲はどのくらいですか?
1本の脂肪溶解注射で手のひら(10cm×15cm)くらいの範囲に治療ができます。なお、1回に受けられる脂肪溶解注射の本数は初回が2本まで、2回目以降4本までです
PAGE TOP

脂肪溶解注射(メソセラピー)料金

メソセラピー料金表
フェイス用メソセラピー(若返り)
メソリフト
1回
\54,000
メソ
ヒアルロン酸
1回
\97,200
脂肪溶解注射

現在この治療は行っておりません
PAGE TOP
 
PAGE TOP

PAGE TOP