• たるみ対策
  • しみ・肝斑対策
  • しわ対策
  • 医療レーザー脱毛
  • ダイエット


ドクターの徒然コラム
メス不要の「しわ・たるみ」治療器色々
ちょっとタイトルが大げさですが、今回は「痛くないサーマクール」を求めて試行錯誤をするお話について書いてみたいと思います。

現在、世界の美容医療界において「Rejuvenation=若返り」治療に用いられているエネルギーは、(1)RF高周波、(2)赤外線、(3)レーザーの3つに分類されます。私は、新しい機器が発表されるごとにあらゆる治療を自分の皮膚を通して試してきました。結論として、この中でもっとも「たるみ治療」に効果を発揮したのが(1)のRF高周波を採用した「サーマクール」です。そして導入後、すぐにサーマクールは患者様からの信頼も高く、大変人気の高い治療となりました。2003年の日本初上陸以来(2006年9月現在)、皮膚のたるみ治療器として築いたトップの座を未だ譲ってはおりません。
もちろん、ほかにもRFを用いた若返り治療器は多彩にあります。例えば、「ポラリス」。ポラリスは、サーマクールキラーとして競合他社より発表された「たるみ治療器」です。サーマクールの基本エネルギーがRFであるのに対して、ポラリスはRF+ダイオードレーザーのダブルアクションを利用しています。そこで、実際にその相乗効果を試してみた結果、私はある顕著な反応を得たのです。それは、同じたるみでもポラリスの場合は特に「毛穴のたるみ」に有効であるということでした。以来、当クリニックでは「皮膚そのもののたるみ」にはサーマクールを、そして「毛穴のたるみの改善」にはポラリスをご紹介しています。
このように、私が導入するマシンは私自身のカラダを通して選んだマシンです。「これは、いい。患者様もきっと喜んで、そしてご納得していただける」そう実感できた治療だけがはじめてメニューとして登場するのです。
サーマクールのデメリット
照射方式のみで行なう皮膚のたるみ取りならサーマクールがいちばん!と公言する私ですが、優れた作用を促す一方で二つのデメリットがあります。第一に、圧倒的な熱量に伴う痛みです。例え貼るタイプの麻酔などを施術前にしていても、痛覚の鋭い方は敏感に反応してしまいます。そして第二に治療費が高いこと。これは、いずれのクリニックもマシン自体のランニングコストがネックになっているといえるでしょう。
痛みがほとんどなく、サーマクールほど治療の敷居が高くなく、そしてもっと多くの方にメス不要で「たるみ」が改善される感激を味わっていただきたい…と、さらなる機器を模索して数年数ヶ月。世界のレーザー会社各社も競うように「痛くないサーマクール」を開発し、リリースしてきました。しかし、中には正直言って「???」と施術後の皮膚はもちろん、頭の中が「?」でいっぱいになるマシンもあり、試行錯誤の繰り返しです。そんな中、7月30日(2006年)から8月1日にかけて、韓国の美容外科および美容医療機器メーカーの視察に行ってまいりました。同じ東洋人である韓国人の肌にフィットし、ヒットしている治療があるというウワサを聞きつけて…。

テノール+リファーム=サーマクール
ソウル市内には、美容外科街(あるいはストリート)のごとく、特に美容医療クリニックが集中している地域があります。道中、同行してくださった医療機器関係者の方に、日本からの「韓国美容整形パッケージツアー」が増えている旨お話をう かがい、視察意欲も高まります。
様々な情報を収集しながら医療機器メーカーを訪問し、そして3ヵ所のクリニックでドクターとの交流を深め、まだ日本では馴染みの薄い治療をいくつか体験させていただきました。
その中から「これだ!」と出会った治療が一つあります。9月より当クリニックで新メニューとして登場した「テノール」です。サーマクールには、たるみを改善する効果と真皮でコラーゲンをたっぷりと生成するという、二つのパワーがあります。テノールは、このうち主に後者つまりコラーゲンの生成力にすぐれていました。私が日に日に体感した「じっくりとコラーゲンを育てている」という感触は、まさしくサーマクールに匹敵します。ちなみに、テノールは、日本にも導入されている「リラックスF」の新しいバージョンです。当然、「リラックスF」よりも、より高い満足度を得られる治療となっています。痛みもほとんどありません。
その後、テノールに何かスキンタイトニングに優れた治療を組み合わせたら「痛くないサーマクール」になるのでは?そう思って研究を重ねた結果、ようやくたどり着いたのが同じく9月から導入を開始した「リファーム」です。特長は、たるみに対して即効性があること。テノール同様、痛みがほとんどなく、サーマクールほど肌質を問うこともありません。
これら二つのメニューの登場により、とにかくたるみをすぐに引き締めたい方はリファームを、新しいコラーゲンをどんどん育てて肌の内側から若返りたい方はテノールを、またふたつの治療を合わせてサーマクールと同等の効果を等々、より選択肢の幅もひろがることと思います。特に皮膚が薄くなった高齢の方は、まずはテノールで表皮と真皮の弾力を復活させながらリファームを照射するといいでしょう。
患者様のために「もっと、もっと」を求める私の旅は、まだまだこれからも続いていきます。