料金一覧
施術一覧
ドクター紹介
院長ブログ
スタッフブログ
FAQ
クリニックへのアクセス
来院時のお願い


クロスクリニック紹介記事
FAQ-よくあるご質問-

PPP(プラズマジェル)注入法 FAQ


Q PPP(プラズマジェル)注入って何ですか?
A PPP(プラズマジェル)注入は自分の血液からつくった新しい若返り法でシワやくぼみの改善に効果的な治療です。自己血を使うため薬剤性のアレルギーの心配がない安全な注入法。ヒアルロン酸やコラーゲン注入に抵抗がある方にもオススメです。
Q PPP(プラズマジェル)注入にダウンタムはありますか?
A ほとんどありません。PPP(プラズマジェル)注入直後に注入部位が少し赤くなったり、腫れたりするケースもありますが数時間で落ち着きほとんど目立たなくなります。注入針のところさえ避ければ直後からメイクもでき、洗顔やシャワーも当日より可能です。
Q PPP(プラズマジェル)注入は痛いですか?
A PPP(プラズマジェル)注入の治療前に塗る麻酔と局所(注射)麻酔を併用し、痛みをブロックするので心配ありません、ご安心ください。
Q PPP(プラズマジェル)の注入が向いている部位はどこですか?
A ホウレイ線や頬のシワ(ゴルゴ線)、コメカミやマリオネットラインなどのくぼみやへこみを伴ったシワにPPP(プラズマジェル)注入は有効です。
Q PPP(プラズマ)注入とヒアルロン酸注入の違いは?
A 注入剤を使ってシワを改善するという点では同じですが、PPP(プラズマジェル)は自分の血液から抽出したタンパク質を注入に適した固さに専用のマシンで熱凝固させる方法なので薬剤を用いていません。そのため薬剤性の副作用の心配がない治療です。ヒアルロン酸に関しても当院で使用しているレスチレンシリーズは厳重な管理下の元で製造されており、品質に問題はありませんが、極稀に薬剤性のアレルギー反応がでる方がいます。
Q 他の注入を受けた後でもPPP(プラズマジェル)注入を受けられる?
A はい、受けることができます。PPP(プラズマジェル)が得意とする効果とPRPやヒアルロン酸、ボトックスなどが得意とする効果は異なるので当日に組み合わせると更なる相乗効果も期待できます。
Q サーマクールなどを受けた後でもPPP(プラズマジェル)注入を受けられる?
A はい、受けることができます。マシンを使ったアンチエイジング法とPPP(プラズマジェル)などの注入によるアンチエイジング法は作用や効果が異なるので、顔全体的な若返りにはこれらの施術を組み合わせると自然かつ満足度の高い若返りが得られます。


INDEXに戻る ▲PAGE TOP

PAGE TOP